ホームページの検索方法:WWWを全地球規模の分散型データ・ベースとして使う

 Web 上のホームページは数千万ページに及ぶと推測される。この大海原から、有益な情報を釣り上げるには、検索ツールを使わねば不可能である。
 ロボットという、自動的に世界中のWeb サイトを巡回しホームページの情報を収集する、プログラムがある。これを用いてホームページのデータベースを構築し検索するサービスが、ホームページとして提供されている。これらの方式は、ディレクトリ検索サービスと全文検索サービスに大別される。
 ディレクトリ検索サービスの代表は Yahoo (ヤフー:ならず者)で、図書館で本を分類するようにホームページをカテゴリ別に分類したデータベースを構築し、ホームページ情報を提供している。ホームページをカテゴリへ分類するのは人手で行われるので的確な分類が可能である反面、分類者と利用者の分類基準が一致しない場合には検索手段として効率が悪くなる。
 全文検索サービスとは、ロボットを用いてホームページ上のすべてのテキストのデータベースを構築し、キーワードを指定すると検索エンジンがデータベースを検索し、関連するホームページのリストを出力する。  Netcape Navigator では、ウインドウの上部にある「ネット検索」ボタンをクリックすると Netcape 社の検索サービスのページにジャンプできる。Internet Exploreでも、「検索」ボタンで msn の検索サービスへジャンプできる。

主な検索サービスとその特徴