(2) 電子メール(electric mail):人と人をつなぐ新たなメディア

 Internet を利用し、コンピュータで書いたメール(テキスト以外にファイルを添付可能)を送受信するシステムを電子メールシステムという。各人はメーラ(mailer)とよばれる電子メールを読み書きするソフトで、メールを作成したり、受信したりする。この頃は、WWWブラウザが多機能化し、メーラ、News リーダ、FTP クライアントをもこなす。

 電子メールの宛先はメールアドレス(mail address)と呼ばれ、これをメールに付けて郵便局の役目をするメールサーバに電子メールを送る。メールサーバはメールアドレスに従い、電子メールをしかるべきネットワークに送り出す。送られた電子メールはインターネットをバケツリレーされ、最終目的地のメールサーバにたどり着き、メールサーバ内の宛先のメールボックスに到着する。到着した電子メールを読むには、メーラで自分のメールボックスにアクセスする。

 メールを送信するときのプロトコルが SMTP(Simple Mail Tranfer Protocol)で、メールサーバにアクセスしメールボックスからメールを受信するためのプロトコルが POP(Post Office Protocol) である。

 なお、近畿大学工学部では学生用にそれぞれのキャンパスに SMTP サーバとPOP サーバを兼ねた1 台のワークステーションを設置している。呉キャンパスの学生用メールサーバのドメインネームは、kus.kedu.hiro.kindai.ac.jpであり、東広島キャンパスの学生用メールサーバのドメインネームは、hus.hedu.hiro.kindai.ac.jpである。

学部学生のユーザ名

 工学部の学生のユーザ名は学籍番号(8桁)の第5桁目と6桁目を省いた6桁の数字に、呉キャンパスの学生は先頭にkを付け、東広島の学生はhを付けたものである。


電子メールアドレス(electric mail address):user-name@domain-name

例1:呉キャンパスの学部学生
学籍番号97167012の学生のメールアドレス k977012@kedu.hiro.kindai.ac.jp.

日本(jp)の、アカデミック機関(ac)である、近畿大学(kindai)の、広島工学部(hiro)の、呉キャンパス(kedu)の、学籍番号97166012さん。

例2:東広島キャンパスの学部学生
学籍番号97168012の学生のメールアドレス h978012@hedu.hiro.kindai.ac.jp.
日本(jp)の、アカデミック機関(ac)である、近畿大学(kindai)の、広島工学部(hiro)の、東広島キャンパス(hedu)の、学籍番号97168012さん。


 電子メールには、手紙(郵政省メールとかかたつむりメール:snail mailとも呼ばれる)、電話、ファックスにはない利点がある。
  1. 電話と違って、相手が不在でも連絡できる(電話は暴力的だという人もいる)。この点では手紙やファックスに似ている。
  2. 手紙と違って、瞬時に届く(数秒から数分)。この点ではファックスに近い。ただし、瞬時に届くことは保証はされていない。
  3. 到着したメールはパソコンのデータとしてそのまま利用できる。野口悠紀夫氏によると、事務作業の大部分が文書の書き写しだそうだから、その手間が省けるだけでも非常な価値がある。(野口悠紀夫、続「超」整理法・時間編、中公新書、156ページ)
  4. 複数の人に同じメールを同時に発送するのが手間いらずに可能である。この機能を使えば、グループで情報を共有することが容易にできる。
  5. 料金が距離に依存しない。 国内であろうが海外であろうが基本的には無料で送信できる(ただし、電話回線を通じて Internet に接続している場合は、インターネットへのアクセスポイントまでの電話代は必要である。僻地でない限り市内料金で済む。)
 Netscape Navigator やInternet Explorer 以外に、Windows用のメーラには、AL-Mail(アルメール)、電信八号、Eudora Pro などがある。

Netscape Navigatorでメールを読む

  1. フロッピーディスクにメールを受け取る設定にしている場合は、フロッピーディスクを挿入する。

  2. Netscape Navigator を立ちあげ、開いたウインドウの右下のメールアイコン をクリックする(または、ネットスケープのウインドウメニューの[オプション]をクリックし、[Netscapeメール]を選択する)。

  3. Netscapeメールのウインドウメニューの[オプション]をクリックし、[メールとニュースの設定]を選択する。

  4. [サーバ]タグをクリックし、メール送信サーバ、メール受信サーバ、POP3ユーザ名、メールディレクトリを設定する。下図の設定ではフロッピーディスクのmailフォルダでメールを受け取り、受け取ったメールはサーバから削除する。注意:この設定では、次回からメール用のフロッピーディスクを挿入した状態でNetscapeを立ちあげるようにすること!

  5. 個人情報タグをクリックし、名前、電子メールアドレス、返信先アドレス(電子メールアドレスと同じにする)、組織名を入力する。 また、電子メールに署名をつけるならば、事前に準備している署名を書き込んだファイルを指定する。下図に場合は、フロッピーディスク内の署名.txtがそれに当たる。

パスワードを入力すと、メールサーバー内のメールボックスに届いているメールが読み出される。

Netscape Navigatorでメールを作製し送る

  1. 上の図のNetscapeメールウインドウのツールバーの左から3番目のボタン 「新しいメッセージを作製」をクリックする。
  2. 下図の様な「メッセージ作製」ウインドウが開く。
  3. [宛先]欄に送信相手のメールアドレスを入力する。
  4. [件名]欄にメッセージの内容を的確に表すタイトルを記入する。
  5. メッセージ書く。
  6. 送信するには、ツールバーの一番左のボタン[送信ボタン]をクリックする。

なお、情報教育センターのパソコンは不特定多数の人間が利用するので、メール利用後は、

  1. POP3ユーザ名(Netscapのウインドウメニューの[オプション][メールとニュースの設定][サーバ])
  2. 名前、電子メールアドレスと返信先アドレスの学籍番号の部分([個人情報])
は削除すること。
    目次(現在表示している節が点滅しています。)
  1. Internet とは
  2. TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)
  3. ドメインネーム(domain name)
  4. ドメインネームシステム(DNS:Domain Name System)
  5. Internet のサービス
  6. WWWの発明者:Tim Berners-Lee
  7. 電子メール(electric mail):人と人をつなぐ新たなメディア
  8. NetNews:誰でも投稿できる電子壁新聞
  9. FTP (File Transfer Protocol:ファイル転送 )
  10. TELNET ( 遠隔地・仮想端末 )
  11. ホームページの検索方法:WWWを全地球規模の分散型データ・ベースとして使う

[Home Page] [ご意見・ご感想]