Life game

Life gameとは

1970 年に数学者 John Horton Conway (英:ケンブリッジ大学)は次のような、生物体の生成死滅をシミュレートする、オートマトンを考えた。2次元正方格子上に並んだセルを考える。各セルは生きている状態と死んだ状態を持つ。生きたセルに駒を置いて、それが生きていることを表そう。各セルは次の規則に従って生き延び、死に、誕生する。

  1. 生死の規則:セルは隣接セルに2又は3の生きたセルが存在するときのみ次の世代まで生き続ける。
    つまり、隣接セルに生きたセルがあまりに少なければ孤立して死ぬし、 あまりに多ければ過密のためやはり死んでしまう。
  2. 誕生の規則:死んでいるセルは3つの生きているセルに囲まれると生き返る。

(注)隣接セル:一つのセルには8つの隣接セルがある。

これらの規則は培養器中のバクテリアの増殖のモデルとも考えられる。

シミュレーションを実行してみると、適当な初期配置から上記のような単純な規則を適用することで予測不可能ほど複雑な現象が現われることに驚かされる。ライフゲームには何らのランダムさもなく決定論的に進行する。このような例から類推が許されるならば、自然現象は複雑であるがその奥には簡単なルール(自然法則)が隠されているのかも知れない。さらに言えば、自然は、生命現象も含め、セル・オートマトンでかなりの程度表現できるのでないだろうか。


Home Page