John Maynard Keynes(ケインズ):1883〜1946

ニュートンは理性の時代に属する最初の人ではなかった。 彼は最後の魔術師であり、最後のバビロニア人でまたスメール人であり、 一万年には少し足りない昔にわれわれの知的遺産を築き始めた人と同じような 目で、可視的および知的世界を眺めた最後の偉大な人物であった。

ケインズ「人物評伝」熊谷尚夫・大野忠夫訳(岩波書店)p.316

 経済学者のケインズはニュートンの文書の散逸を防ぐ努力した。それらの文書を見ての人物評である。
これらの奇妙なコレクションに思いをこらすとき、この壁の内部でたくさんの 問題を解決していた時代に、悪魔に唆されて、神と自然に関するいっさいの秘密を 純粋な精神の力によってきわめることができると信じていたこの奇妙な精神 ---すなわち、コペルニクスとファウストを一身に兼ねるもの---が、 いっそう理解しやすいようにおもわれる。

ケインズ「人物評伝」熊谷尚夫・大野忠夫訳(岩波書店)p.328


[ 引用句目次 ]   [ Home Page ]