ブレイン・ヴァレー
瀬名秀明 角川書店(1997年12月)各1,400円(上441・下403ページ)

徐 丙鉄(近畿大学工学部)97.12.26

うーーーむ、瀬名秀明は面白い。
脳の重量は約1350グラム、全体重の僅か2%だ。 だが全グルコース消費量の25%、全酸素消費量の20%は脳で消費される。 (上・392ページ)
 脳に関する基本的な解説を読むことができ、科学解説書としても価値がある。 脳を題材に、カオスの縁、人工生命などの最新理論をスパイスにしたホラー小説が ブレイン・ヴァレーだ。複雑系の研究の中心地、サンタフェ研究所、出身の科学者も登場する。 こんなに科学的にナウい小説は他の誰も書けないだろう。
 以前のパラサイト・イブ同様 この小説でも最後ははちゃめちゃなドタバタ劇になってしまう。 少々、最後の部分がはちゃめちゃ過ぎて、科学的説得力、リアリティに欠けるのが惜しい気がするが、 面白い小説だ。

角川書店のBRAIN VALLEYのホームページ:作品関連のリンク集などがある。


[ Home Page ] [ おもしろい本、ためになる本 ]