わたしたちはなぜ科学にだまされるのか
Voodoo Science:The Road from Foolishness to Fraud
Robert L. Park/栗木さつき:訳 主婦の友社(2000年4月)1900円(383ページ)

徐 丙鉄(近畿大学工学部)2001.5.19

われわれは秩序ある世界に暮らし、回避することのできない物理法則に支配されている。p.88

これは驚くべき本である.アメリカにおける邪道科学が次々に詳解されている.

また,宇宙開発も科学的成果を重視する立場からみると,無意味な計画が莫大な予算をかけて実施されてると指摘する.

ラングミュアの指摘する病的科学の特徴 p.89

  1. 証拠としてあげられたデータが、つねに検出可能な限界ぎりぎりの微量でしかない。
  2. 効果を増大させる方法がない。

ファインマンの言う「カーゴカルト・サイエンス(貨物飛行機信仰科学)」でも明らかなように,我々は「信じたがる脳」を持っている.Parkは言う.この「信じたがる脳」は,「真実である」から「信じる」わけではない.脳は二つの出来事の間に関連性を認めたときに,信じはじめる.「信じたがる脳」は偶然の一致と因果関係とを,きちんと区別しない.

カーゴカルト・サイエンス

第2次世界大戦中にソロモン諸島の島民は貨物飛行機が様々な物資をもたらしたことが忘れられず、戦後いつまで待っても来ない貨物飛行機を呼び寄せようと、竹や木でアンテナやレーダードームを作った。

なお,この本の日本語タイトルは少しずれている.直訳した方(邪道な科学:愚かしさからペテンへの道)が内容を的確に表現している.


[ Home Page ] [ おもしろい本、ためになる本 ]